この記事では、ホワイトニングを自宅で行った経験をお伝えしていきます。

私のエピソード

結婚式を挙げる前に、私も彼もやや歯が黄色いことが気になりました。

当時何回か会っていた、不動産紹介会社の営業マンがとても歯が白いことから、何と無く情報を聞いたところ、高円寺の歯科医が良いと教わって、二人で通うことにしました。

シリコンの歯型を取り、ホワイトニング剤を塗布して装着し、就寝するという施術を受けました。

型がきついとか、ホワイトニング剤に味や苦味があるといった苦痛は全くなく、やんわりと白くしていくタイプの治療を選んだため、

結婚式後は継続して通っていません。

二人ともやや綺麗にはなったと思いますが、元々の歯の質がそんなに真っ白ではないらしく、はかばかしい結果は得られませんでした。

もしかして継続して真面目に継続していたら白くなったのかもしれませんが、日常生活で必要な職業でもないので、

少しお金はかかってしまいましたが、継続するのをやめてしまいました。

結婚式前にこうして意識的にケアをしたことで、自信にはつながったため、結婚式では二人とも良い笑顔を写真に残すことができたので、

歯科医のホワイトニング術によるホワイトニング結果については不満に思いませんでした。

ホワイトニング歯磨き粉が意外と効果あった

その後、私たちはコーヒーをよく飲むこともあって、継続的に歯を白くする努力ができたらいいなと方法を探していたのですが、

パールホワイトProEXをネット上で知り、試しに使用することになりました。こちらのサイトですね。

ホワイトニング歯磨き粉

 

 

特に特徴のある味ではなく、さっぱりとした使用感がとても気に入って、5年以上愛用しています。

 

とても良品なので、もっとたくさんのドラッグストアーやスーパーマーケットの歯磨き粉売り場で手に入れば良いのになと思っています。

その後子供が生まれ、一緒に歯磨きをしていたら、子供が子供用歯磨き粉ではなく一緒に歯磨き粉を使いたいというようになりました。

セッチマは研磨力が強く、歯の汚れを落とす研磨力が高い成分が入っているため、子供の歯にはもしかしたらきついかも知れないと思い、

現在は一般的な歯磨き粉を使用しています。

 

私たちの子供は、私たち同様にやや歯が黄色いように思います。まだ乳歯なのでホワイトニングの治療などしないで良いと思っていました。

また、毎日きちんと歯磨きをするのですが、前歯が異様に黄色いのが気になってしまいました。

たまたま幼稚園の父兄に歯科医がいたので、ある時見てもらったところ、エナメル質の質がこういう色なので、個性だから仕方ないと診断されました。

ただし、よく使う前歯はステインがついているよと教わったので、ドラッグストアーにあるステイン落としを購入して見ました。

ステイン落としの威力は?

薄いヘラのような形状の消しゴムのようなもので、長男を寝かして早速試してみましたが、やはり自宅での作業では綺麗にスッキリ落とすことができませんでした。

歯を強くゴシゴシ擦られることが不快だったらしく、長男では一度しか試すことができませんでした。

次男は特に前歯が大きく、ステイン汚れが目立つので、こちらも近々試してみようと思っています。

子供に関しては、日常的に飲むものは麦茶なので、飲み物からの着色汚れではないと考えています。おそらく子供なので、前歯でかじりついてから食べる、習慣的に前歯を使う頻度が高いからより着

色してしまったのかなと考えていますが、よその家の子供は真っ白の乳歯が生えていて羨ましく思います。

もし永久歯が生えてきてから、とても黄色いようであったら、また歯科医に行ってステイン除去など施術を受けさせようと思いますが、

せっかく一度も虫歯になっていない丈夫なエナメル質で産んだので、闇雲に削ってしまって、虫歯になりやすくなったら困るなと葛藤しています。

私たち夫婦の歯があまり真っ白ではないことで、長年試行錯誤してきました。子供を産んでみて、子供達もあまり白くない歯を持っていることがわかり、

もう少し家族ぐるみで歯を白くする日常的な努力やアイテムがないか、探してみる必要があるなと常々思っています。

エナメル質を守ったままで、見た目も綺麗な歯になれたら一番いいなと思いますが、口コミや医師のアドバイスを聞くと、両立が難しいようでいまも尻込みしています。